読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Dear-Abbadoのブログ

折々の雑感を綴っていきます。

電子書籍ってどうなんだろう

電車の中でよく読書するけれど、読むのはすべて紙の本だ。電子書籍は持っていないし、いまだに触れたこともない。新しい製品が好きじゃないという気質もあって、そもそも欲しいと思わない。いまはかなりの数のコンテンツが電子書籍で読めるようになっているらしい。知らない言葉を調べるのは辞書機能がサポートしてくれるようだし、おまけにブックリーダーのスクリーンはなかなか眼に優しいと聞いた。普通紙の本を読むときはページを繰っていくけれど、電子書籍では多分スマホのようにタップ(?)して遷移していくのだと思う。場所をとらないばかりか一つの端末で色々な本を読むことができるのは画期的だと思う一方で、装丁の手触りをたしかめ、ページを指でつまみ、用紙の匂いをかすかに感じながら読み進められるのは、当たり前だけれど紙の書籍ならではのもので、脳にとっても心地よい体験なんだと思う。きっと、読後の記憶の定着は紙の書籍の方がすぐれているのではないだろうか。と言いながら、いつか電子書籍を買って読んでみたら意外に気に入ってしまったりして・・・。