読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Dear-Abbadoのブログ

折々の雑感を綴っていきます。

嫌なことが起こったら

何か嫌なことが起こったとき、皆さんはどうしているだろうか。

仕事で重大なミスをした。恋人に振られた。飼い猫が病気になった。洗濯物を外に干して出かけたら大雨が降ってきた。スパムメールが大量に送られてきた。風邪をひいたせいで楽しみにしていたコンサートへ行けなくなった。御神籤を引いたら大凶だった。気持ちよく散歩していたら鳥に糞をかけられた。整形手術が失敗して福笑いみたいな顔になった。セルフィーに心霊が写り込んでいた・・・などなど。面白くないことって、誰にでも起こるものだ。

嫌なことというのは、起こるときにはわりと連鎖して起こる。なぜか?それは、嫌なことに意識を奪われるからだろう。

例えば、ある朝起きてみると、いつもの起床時間をとっくに過ぎていた。急いで家を出ると、スマホをいじりながら歩いてきた学生と出会い頭ぶつかりそうに。ムカつきながらも駅へと走り電車に飛び込む。しかし途中で電車は停止。人身事故とのアナウンスが流れる。結局、大幅に遅刻して出勤することになった。

弱り目に祟り目なこんな状況に陥ったこと誰しもあると思うが、このケースで言うと、遅刻しそうだと焦る気持ちになっているところに、スマホ学生にムカついたことですべてが暗転してしまった。ムカつく気持ちそのものが、次から次へとムカつきたくなるような現実をもたらしたのだ。

人間の脳はなぜか、嫌なことばかり何度も思い出してしまう癖を持っている。楽しかったこと、気持ち良かったこと、嬉しかったことよりも、ついつい不快な出来事を脳内リピートしてしまい、腸が煮えくりかえるような気分になること、あなたも経験ないだろうか?

一日24時間、一年365日に起こっていくことを、嬉しいこと、不快なこと、どちらでもないこと、の3つに仕分けていく。すると、不快なことって実はそんなに多くは起きていないことが判明するはずだ。ノートにきちんと記録をつけていくと、そういう結果になると思う。脳の癖もあって、嫌な経験に強烈にフォーカスしてしまうから、あたかも自分は実際にツイていないかのように思い込んでしまうのだろう。

もちろん、長い人生、どうしようもなくツイてない時期というのはあるはず。僕もツイてない時期はこれまであったし、これからも、泣き面にスズメバチのような経験をする可能性も否定できない。

でも、どんなに不快な出来事が起こっても、事後処理を終えたらもうそのことについては思い巡らさないことだ。嫌なことは徹底的に心の中から追い出してしまうに限る。客観的にみて、その不快な現実をもたらした原因が自分にあるのなら、行動を矯正すればよいだけのことだ。

うーん、言うは易く行うは難い。。けれど、不快な気持ちというのは不快なものに意識を向けているからこそ起こるだし、それがまた新しい不快な出来事を引き寄せる。

どんな嫌な出来事でも、一度起こった後は時の流れに押し流されていく。起きてしまえばただの過去である。それがリピートされるのは、僕やあなたの頭の中だけでしかない。嫌なことも嬉しいことも、存在できるのは意識の中だけである。

だからこそ、できるだけ楽しいことや嬉しいこと、気持ちの良いことに意識をフォーカスした方が、少なくともましなんじゃないかと思う。

新小岩の活気

去年のゴールデンウィークに訪れた新小岩のクラシック専門中古レコード店へ、一年ぶりに出かけた。お店に向かう前に新小岩の駅前をぶらぶらした。

僕が住んでいるのは大田区の外れなのたが、大田区と葛飾区の街はやはり雰囲気が違う。新小岩に雰囲気が似ている大田区の街を強いて挙げれば蒲田になるだろうが、やはり両者、明らかに違う。

最近見たヤフーか何かの記事では、新小岩、小岩は「住みたくない街」の上位にランクインするという不名誉にあずかっていた。少し前は北千住なんかも治安が良くないなどと噂されていたが、最近は大学などが増えるに従って若者も増え、イメージも雰囲気もだいぶ変わったようだ。

東京はなぜか、北側にある板橋区練馬区、北区などのイメージがパッとせず、南側の港区、目黒区、世田谷区などに人気が集中している。少々強引だけれど、街単位でみても、上野→新宿→渋谷→六本木→二子玉川と、若者を引き寄せる力を持つ街は北から南へと変遷している。

東京スカイツリーができてしばらく経つし、沿線の開発も進んだと思うが、スカイツリー周辺も若者の活気満ちるエリアになるという想像はちょっとしにくい。そもそも東武鉄道の戦略がそういうベクトルには向いていないかも知れないが。

さて、新小岩。もしかしたら治安は良くないのかも知れないが、駅前商店街の雰囲気は僕はとても好きだ。一時期盛んに引っ越しをしていたし、もともと引っ越しが好きな質も手伝い、駅前にある不動産会社の物件情報を見るとこれが割りと安いので、新小岩でのんびり暮らすのも楽しそうだなどとつい考えてしまった。

中古レコード店では、店主の方に相変わらず親切にしていただき、お茶をいただきながら、ヨーゼフ・クリップスが振った¨ばらの騎士¨や、グリュミオーとアラウによるベートーヴェンのヴァイオリンソナタ5番、ケンペのアルプス交響曲などを拝聴。そして、バレンボイムがイギリス室内管と録音したジュピターとパリ、やはりバレンボイムによるモーツァルトピアノ曲集を買って出た。

少し危ない話‐方位(その1)

前回の記事でも触れた通り、ひと頃、方位を鑑ることにとても凝っていた。方位というのはつまり、高島暦などによく載っている¨五黄殺¨や¨暗剣殺¨などのよろしくないとされる方位を避け、¨良い方位¨へ出かけることで運気を上げようという、占い・迷信の一つとされるアレのことである。

占いやオカルトの類に眉をひそめる人にとっては、そういうものに真剣に取り組む人間は間違いなく「頭のおかしい奴」だ。しかし、ハマっている当の人間にとっては、そういう観念の世界をいったん自らつくり上げてしまうと、それが真理そのものになる。そして、身の回りに起こることすべてがその観念体系の中できれいに解釈できるような気になってきて、ますますハマることになる。僕が方位にとことん凝っていたときの内面は、まさにこれだった。

占いや迷信を宗教と比較すると、ファクトを抜きにして一つの物語を信じる(信じられる)ことで成り立つ点が共通している部分だろうと思う。宗教と占いが同じものかと言えばもちろん違う。ただ、普遍性のない非合理な思考がすんなり受容されるのが占いと宗教の世界だろうとは思う。

通常、いわゆる宗教というものには魂の救済が用意されている。一方、占いにそれがないのかと言えばこれはちょっと難しい。占い師の元へ足繁く通って悩みを打ち明け、あれこれと託宣をもらって心の安定を得ている人はかなりの数いるだろう。そういう意味では、占いだって魂の救済にいくばくかは役に立っているのだ...。僕はそこら辺についての専門家ではないので、これ以上の言及は避けることにしますが。

前置きが長くなったけれど、今回から数回に分けて、僕が方位に文字通りハマっていた頃のことについて書いていきたい。前置きで書き疲れてしまったので具体的な話はその2で書こうと思う。

やっと新年が始まった気がする

以前、東洋暦をいろいろと調べ、方位だのなんだのを鑑ていたことがあるせいで、グレゴリオ暦での1月1日から新年という感覚にはどうもなじめない。陰が極まる冬至が大晦日でその翌日から新年、あるいは節分が大晦日で立春から新年というのが、個人的にはしっくりくる。

毎月のスタートもグレゴリオ暦と東洋暦では違っていて、例えば2月であれば4日の立春が本来的には月の頭になる。3月なら啓蟄(3月5日ころ)が始まりだ。

気のせいかも知れないけれど、体調の変化を感じるのがちょうどこの東洋暦での節目前後なので、やはり東洋暦は自然の摂理に合っている気がする。というよりも、そもそも天体の運行に基づいて導き出したのが東洋暦なのだろうから、自然の摂理に合致しているのは当然か。

というわけで、明けましておめでとうございます。

全集盤を買うことの良さについて

クラシックが好きな人の中には、例えばモーツァルトのピアノ協奏曲全集やブルックナー交響曲全集、プロコフィエフピアノソナタ全集など、あるジャンルの全集盤CDやレコードを買い集めて聴き比べる喜びを知っている人も多いと思う。

いまはただでさえCDが安いけれど、全集盤で買えばさらに一枚あたりの価格が下がるので、ちょこちょこ買っていくうちに自室のスペースをディスクがどんどん食っていくことにはなる。でも、全集盤を買うことには費用面以外にもメリットがあるのだ。

昨年タワーレコードで買った全集の一つに、ブロムシュテット指揮/ドレスデン・シュターツカペレによるシューベルト交響曲全集がある。正直、未完成とグレートしか聴いたことがなく、その他のシューベルト交響曲なんて大したことないだろうとたかをくくっていた。

が、5番の冒頭で爽やかな管の響きを耳にした瞬間、この愛らしい交響曲の世界にすっかり引き込まれてしまった。なんとシューベルト19歳のときの作品ということで、天才と言う他に言葉が見つからない。旋律は明るく伸びやかに流れ、響きは軽く弾み、完成され切っていないがゆえの素朴な楽しさ、深刻ぶらないからこそ生きてくる音楽の力に溢れていて、僕はこの交響曲第5番がとても好きになった。

先にも書いたが、シューベルト交響曲といったら未完成とグレートの知名度ばかりが突出していて、その他はほぼ陽の目を見ていないといっても言い過ぎではない。全集盤を買わなければ僕も5番という名曲に出会うことはなかった。

どんな作曲家のどんなジャンルであっても、食わず嫌いをせず、とりあえず全集盤を買ってきて一つ一つじっくり聴いていけば、必ずや素晴らしい出会いがある。作曲家がどんな風にスタイルを変化させていったかを知るため、また作曲家の音楽を体系的に理解するためにも、まずは全集盤を買って聴くことが近道になると思う。

銭洗弁天へ初詣に出かける

7日土曜に鎌倉の銭洗弁天へ初詣に行った。今年初めての神社参拝、かつ銭洗弁天に参じたのも初めてで、二重の意味で初詣となった。國學院の大学院で神道学を修めた知り合いが、ここで正月に臨時で働いていると聞き、遊びがてら来たのだ。

鎌倉駅前は相変わらずの人人人でごった返していて、小町通りを人波をかき分けるようにして進み、夕闇迫る中を弁天様へと急いだ。当の神社は山の中腹というか崖を切り崩したような穴の奥にあり、沢山の参拝者でそこそこ活気があった。

本宮の主祭神市杵島姫命(いちきしまひめのみこと)というらしいが、皆がお金を洗うために目指す奥宮に祀られているのは宇賀神と弁才天。知り合いに解説してもらったが、神社なのに境内に香炉があったりしてどことなく寺の雰囲気をも持ち合わせているのは、宇賀神と弁才天との神仏習合が背景にあるそうだ。どちらも神様だと思うが、弁天様が仏教ルーツの神様だから、神仏習合になっているようだ。

僕は念仏の徒だからお金を洗うのはやめておこうと思ったのだが、結局、せっかくだからと思い直して硬貨を数枚洗った。見ていると、紙幣を5~6枚盛大に銭洗いしている欲深な参拝者もいる。

御守りと同じで、こういうのは気休めが最大の効能であって、お金を洗うだけでお金が増えていくなんて、普通に考えればあり得る話ではない。日銀総裁に参拝に来てもらい日本の財政赤字が目に見えて縮小してくるようなことでもあれば、少しは信じたい気にもなるけれど。

17時を過ぎたころ社務所が閉じ出し、同時にその日のお賽銭が収集される作業が始まるのを目にしたが、金運のご利益に一番あずかっているのは当の銭洗弁天なのかも知れない、と失礼ながら思ってしまった。

インターネット検索ならGoogleSNSならFacebook、通販ならAmazon、コーヒーならSTARBUCKS(どれも米国企業だ・・・)、そして金運上昇祈願なら鎌倉の銭洗弁天。弁天様と営利目的の企業を一緒にするのは申し訳ないけれど、●●なら○○という仕組みを盤石にすることに成功した組織は強い。

ただ僕は生来のひねくれ者なので、蟷螂の斧よろしく、そういうマジョリティによる支配を突き崩すような小さな力に注目してみたいし、いまは小粒でも山椒の実のようにピリリと辛い存在に肩入れしたいと思ってしまう。

40分間あれば

昨年末、「バレンボイム音楽論」を読んだ。バレンボイムは13歳のときにスピノザの「エティカ」を読み、それ以来スピノザから大きな影響を受けているという。「バレンボイム音楽論」には、エティカから引用した記述があちこちにあるだけでなく、コンサートの合間にもエティカを読んでは思索を巡らせることがあるというくだりもあり、スピノザバレンボイムとの深いつながりを感じさせられる。

好きな音楽家が愛読する哲学書ということで、僕も読みたくなり、中公クラシックスから出ている「エティカ」を早速読み始めた。第一部「神について」を途中まで読み進めたばかりだか、なかなか難解だ。スピノザが説く神はいわゆる人格神ではない。スピノザにとって、神はその属性として延長を持つものであり、また自然は神のうちにある。そして、つまるところ、存在するものは神以外にないという。

今年はじっくりエティカを読もうと思う。

実家に帰省して、古い「レコード芸術」を引っ張り出していたら、ある号にバレンボイムのインタビューが載っていた。聞き手は、「バレンボイム音楽論」にも解説文を書いていた岡本稔氏。バレンボイムは世界中でコンサート(指揮とピアノ)をこなす傍ら、数々の録音をリリースしていて、現代のスター指揮者の中でも特に忙しい人種に入るそうだが、精力的な音楽活動について指摘されたバレンボイム氏、答えて曰く 、「私は普段こんなにインタビューを受けないものですから・・・。(インタビュー時間と同様)40分間あれば、シューマン交響曲を指揮することができる」。

そうか、40分あればシューマン交響曲を一曲振れる、そんな発想もあるのかと感心しつつも、多忙極まって、人生の切り売りみたいな生活を送っている(本人は楽しんでいる?)バレンボイムも実は大変なんじゃないかと同情してしまった。でも、いつの時代も、才能がある人はあちこちから声がかかる結果、必然的に忙しくなるもんです。

エティカを読みながら、バレンボイムを聴きながら、僕も、仕事も私生活においても精力的にこなしていこうと、年の始めにあたりぼんやりと考えた。